(「名前の持つ見えない力~「陽」の字が私を守った 1」からの続きです。)



私の父には、兄がいました。

その子がまだ幼児の時に早世してしまったため、次に父が生まれた時、祖父母は今度は無事育つようにと、神社からいくつかの名前をいただき、その候補の中から選んだ名をつけました。

選ばれた名前は、音はよくあるものなのですが、漢字は当て字でさえない、読むことが絶対に不可能な特殊なもので、たぶん日本中に一人しかいない変わった名前です。


誰にも読めない、一度もちゃんと読んでもらえない名前。

音と字がまったく一致しない、字の持つ意味と名前の印象が、まるでちぐはぐな名前。


神社の御利益は否定しませんし、祖父母の気持ちにも私なりに想像できます。

でも、目に見えないことなので見過ごされがちですが、そうした名前が本人に与える影響は、いじめられたりするわけではなくても、実はかなり大きなものがあると私は思っています。

毎日毎日、生涯一日も欠かさずその名で呼ばれ、その名で自分を認識するのです。

普段耳にするのは音ですが、その背後に文字も常についています。
無意識裡だし、個人差はあるかもしれませんが、文字は必ずイメージとして浮かんでいます。

呼ぶ者にも、呼ばれる者にも。




BLOG4835 (2)




父は絶対にまともに読まれない名前に、子供の頃から嫌な思いが強かったようで、私が母のお腹にできた時、我が子には誰でも読める平凡な名前を付けようと、当然のこととして堅く心に決めたそうです。

その決意通り、私も妹も本当によくある平凡な名前になりました。

特に私の名前は昭和の時代には多かった名前で、小学生の頃からクラスに同名が何人もいるほど多く、時代が変わって平成の今になってもまだ、女の子には少ないながらつけられているようですし、

苗字もごく普通なので、今までに引っ越しなどで役所での手続きが必要な時、担当者がうっかり別人と間違って処理したことがあったほど、同姓同名も思った以上に多く、けっこうゴロゴロしています。


と言ったら、もう私の本名は察しが付くと思いますが、ネット上に明記するのになんとなく抵抗があるため、

ここは以下の説明中、花陽をひっくり返した「陽花(ようか)」を、本名代わりに使わせていただきますね。(ちょっと音の印象が違ってしまいますが、ま、今回は許容範囲ということで☆)


さて、そんなよくある平凡な名前だったため、もっと素敵な名前だったらよかったのに、と思うこともたまにはありましたが、

特に強い愛着も感じなくても、それでも漠然と、いい名前のように感じていました。

洋、容、葉、庸、など、他の漢字を使う同名の人に会うと、そのたびに半ば無意識で、私はやっぱり自分の名の「陽」が一番好きだなと、心のどこかで確認しているような気持ちもありました。


でも古典や歴史で目にする名前に対しては、子供の頃から強い興味があった一方で、自分の名前についてはその程度の関心にとどまり、

強い不満も愛着も、どちらもそれほど感じていないような感覚だったのですが、

二十歳もだいぶ過ぎてから、何の加減か、殆ど親子の会話などなかった母がふと話してくれて、もしかしたら自分は別の名前を付けられていたかもしれなかったことを知ったのです。

それは私にとって、意外という以上の、何か不思議な感覚を感じさせる驚きでした。


私が生まれた時、両親は私の名前を、「陽花(ようか)」と「令花(れいか)」のどちらにしようか、迷っていたそうなのです。




(続く)



※この話の最初の記事はこちらです →「名前の持つ見えない力~「陽」の字が私を守った 1

☆もう一つのブログも更新中。
 最新記事は「壁をよじ登るロミオ~わかるはずがないことがわかる時2」です。





 クリックありがとう!(別ウィンドウで開きます)